青汁には中性脂肪を減らす効果がある?

前へ
次へ

中性脂肪は、健康診断の項目にもある身近な健康の指標です。
身体のエネルギーにならない余分な脂肪が中性脂肪で、ぜい肉や皮下脂肪になってしまいます。
肥満は脳梗塞など万病の原因になるので、健康にとっては大敵です。

中性脂肪が多いとどうして良くないのでしょうか。
体内には善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。
悪玉コレステロールは血管に付着して血流を悪くする要因になります。
善玉コレステロールは悪玉コレステロールを減らしてくれるので、善玉と悪玉のバランスがとれている必要があります。
ですが、中性脂肪は善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やしてしまいます。
そのため、中性脂肪が多いと悪玉コレステロールが増えてしまい、血管がつまりやすい状態つまりドロドロな血液になってしまいます。
これが脳梗塞や心疾患、肌荒れなど様々な病気の原因となるのです。

悪玉コレステロールは、肉類などの脂肪分に含まれているので、肉の食べ過ぎや油の取り過ぎは避けましょう。
また、糖質も体内で中性脂肪に変わるので、こちらも摂りすぎてはいけません。
運動をしたり、アルコールやたばこを控えるなど、予防法はたくさんありますが、ビタミンEと食物繊維をとる必要もあります。
ビタミンEは末梢の細い血管を広げてくれるので血流が良くなります。
血流が良くなることで血管に貼りついた悪玉コレステロールがはがれ、詰まりを予防できます。
食物繊維は過剰なコレステロールの吸収を防いでくれます。

青汁の原料としてよく使われている大麦若葉http://www.pedhivaids.org/syuseibunn.htmlにはビタミンEが含まれています。
抗酸化作用や美肌効果があることから、青汁とも相性が良いため、ビタミンE入りの青汁製品もたくさんあります。
また、食物繊維は青汁最大の魅力です。
食事の前に青汁を飲むことで、余計な脂肪を吸収せずに済むので、肉や油の多い食事を摂る前に飲むといいでしょう。

中性脂肪が気になっていても、なかなかお肉や甘いものを食べるのをやめられないという人も多いと思います。
まずは無理せずにできることから少しずつということで、食事の前の青汁を習慣にしてみてはいかがでしょうか。
満腹感も増すので、食事の量も減らしやすくなります。
人気の青汁は口コミを参考にするといいですよ。

ページのトップへ戻る