青汁と納豆は無敵の組み合わせ?

前へ
次へ

サプリメントなどに頼らなくても、食べることで身体を健康にしてくれる食品はたくさんあります。
青汁や納豆もそのうちの一つで、毎日食べるという健康法をしている人もいると思います。
ばらばらに食べるよりも、一緒に摂った方が良いというのは本当なのでしょうか。

そもそも納豆というのは、単体でも優秀な健康食品として知られています。
納豆の原料である大豆は畑の肉と呼ばれるほど栄養が豊富ですし、納豆や味噌などの発酵食品は身体に良いことで有名です。
具体的にはアンチエイジング効果やデトックス、血液をサラサラにする効果などがあります。
特に納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素が血栓を融解する効果があり、脳梗塞などの防止に役立ちます。
さらに腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らす整腸作用もあり、かなり優秀な食品であることがわかります。

大豆はタンパク質が豊富ですが、青汁の原料となる葉野菜と比べると、ビタミンCなどの量は少ないです。
一方ケールや大麦若葉などの葉野菜は、ビタミン類やカルシウムなどのミネラルが豊富ですが、タンパク質はあまり含まれていません。
お互いに共通する栄養素がないので、過剰に摂りすぎることもなく、逆に足りないものを補い合っているので、納豆と青汁は相性が良いということですね。

さらに、納豆にはカルシウムの吸収を助ける作用があります。
ケールはカルシウムが豊富なのですが、カルシウムはそのままでは身体に吸収されにくいので、納豆を一緒に食べることで、無駄なく摂取できるというわけです。
他にも納豆に含まれるレシチンという成分は美肌効果が期待できるのですが、ケールには美肌に必要なビタミンCが豊富なので、一緒に食べることで効果がアップするというわけです。

一緒に食べるといっても、何も納豆と青汁を混ぜなくてはいけないというわけではありません。
朝食を青汁と納豆にしてもいいですし、食前に青汁を飲んでから納豆を食べる、さらには朝と夜などバラバラの摂取でも問題はありません。
両方とも習慣的に摂れば良いのです。

納豆も青汁も、一緒に摂ることでお互いの邪魔をすることはありません。
どちらも習慣として適度に毎日の食事に取り入れることによって、健康や美容効果を期待できます。
調理の手間もいらず安価で手軽に手に入る納豆ですので、ぜひ習慣にしてみてください。

ページのトップへ戻る